女性活躍推進法に基づく行動計画

株式会社スペースは、女性社員が継続的に就業しやすい環境を整え、キャリアプランが立てやすい職場整備を行うため、次の行動計画を策定し推進してまいります。

計画期間

2016年4月1日~2021年3月31日 (5年間を計画期間とする)

課題

  1. 1.女性の採用率は上昇傾向にあるが、時間外労働・休日労働が比較的多いため、継続的な就業が困難な環境にある。
  2. 2.キャリア志向の高い女性社員は多いが、全管理職者に対して女性管理職者の割合が少ない。
  3. 3.ロールモデルとなる先輩女性社員が少ないため、具体的なキャリアプランが立てづらい。

目標

  1. 1.女性の採用比率30%以上を継続するとともに、労働環境の改善を推進する。
  2. 2.年間の時間外労働時間が540時間以内となるように取り組む。

取組内容

女性の採用比率30%以上を継続していくとともに、時間外労働の削減及び有給休暇の取得率の向上を図る事で働く環境を改善し、社員の定着を高め、ロールモデルとなる女性社員が増えることでキャリアプランが立てやすい職場作りを目指す。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2018年6月1日~2022年12月31日

目標1:計画期間内に、男性社員の育児休業取得を促進する。

対策:2018年6月から男性社員の育児に対する意識改善の一環として1日以上の育児休業取得の促進を図る。​

目標2:計画期間内に、男性社員の子育て目的の休暇取得を促進する

対策:2018年6月から制度として整備されている小学校就学前の子がある男性社員に「子の看護休暇」を周知し、取得の促進を図る。