• ニュースリリース

クリエイティビティを発揮し、“笑顔になる空間”を創造できるオフィスへ。福岡事業部 オフィス移転のお知らせ

商業施設をはじめとした多様な空間づくりを行う株式会社スペース(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐々木靖浩、以下 スペース)は、2019年7月1日に福岡事業部を移転いたしました。
スペースは、全国14地区に事業所を設け、各地区の顧客からの要望に迅速に対応できる体制をとっております。今回、福岡事業部の人員拡大に伴い、オフィスを移転いたしました。社員自身が生き生きと働きこれまで以上に創造性を発揮できるオフィスで、顧客をはじめ、施設を訪れるお客様やそこで働く従業員も含めた、多くの方が笑顔になる空間づくりを目指してまいります。

■新オフィスのコンセプト
「成長を加速するオフィス」をコンセプトに掲げ、社員一人ひとりが自律的に働けること、社員同士のコミュニケーションが活性化することを目指しました。

■社員のクリエイティビティを刺激する「Switch Area」
執務エリアの一角に、大きく雰囲気を変えた多目的空間の「Switch Area」を設けました。思考を切り替えてクリエイティブな発想を生むこと、「人と人」「人と情報」との出会いを生むことを狙いとしています。エリアの壁面は、福岡を中心に活動するイラストレーターのイフクカズヒコ氏によるアートで彩りました。
今後、エキシビションを開催したり、地元の大学と連携して産学連携の起点とするなど、地域のクリエイターや企業、学校との繋がりを生む場としての活用も計画しています

■交流が生まれる執務エリア
自然光が入る広々とした一体感ある執務エリアは、あえて動線が交わるレイアウトにすることで、思いがけないコミュニケーションが生まれます。ボリュームのあるグリーンとガラスで「Switch Area」とは空間を仕切り、雰囲気は切り替えながらも全体を見通すことができます。

■業務に適した場所を選択できる多様な執務環境
一人で集中したい時、カタログやサンプルを広げてアイデアを練りたい時、資料を共有しながらディスカッションしたい時など、業務内容や気分に合わせて勤務環境を選択できます。オープンなミーティングスペースを各所に配置したことで、会議室を確保しなくてもクイックミーティングが可能となり、活発な情報交換・意見交換を行うことができます。

■受付はクラウドシステムを導入
来客があるとビジネスチャットで担当者に直接通知が届くクラウドシステムを導入し、内線電話での取次業務をなくすことで業務を効率化しました。グリーンを配したオープンな打ち合わせスペースは、柔らかな素材感のパーテーションでブースを区切り、リラックスした雰囲気で打ち合わせができます。

■リフレッシュルームや男女別の個室休養室も完備
集中力をほどいてリセットできる場として、大きな窓から外の景色が見られる独立したリフレッシュルームを設けています。集まってランチを食べたり、一人の時間をゆったりと過ごすこともでき、メリハリをつけた働き方を実現します。体調がすぐれない時などには、男女別の個室の休養室で横になって休むことができます。

■福岡事業部概要
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東3-13-21 エフビル4F
TEL:092-431-3020

■スペースの全国拠点

■会社概要
空間の可能性を追求し、お客様の課題はもちろんその先の社会の課題を解決に導くことで、「世の中を、希望にあふれた空間にする。」ことを目指しています。
会社名:株式会社スペース
代表者:代表取締役社長 佐々木 靖浩
本社所在地:東京都中央区日本橋人形町3-9-4
TEL:03-3669-4008(代表)
事業内容:商業施設・文化施設・娯楽施設・イベント空間の企画・設計・監理・施工およびコンサルティング
URL::https://www.space-tokyo.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社スペース 総務部広報課 笹川・南
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-9-4
TEL:03-3669-4008 / MAIL:kikaku@space-tokyo.co.jp
URL:https://www.space-tokyo.co.jp/

PDFダウンロード

 

PAGE TOP