街と共に、学ぶ、創る。

「中部卒業設計展2019」 NAF×スペースで新しいモノ作りに挑戦しました。

 
建築学生にとって一世一代のイベントである卒業設計展。中部圏最大規模の中部卒業設計展を企画・運営している学生団体NAFのメンバーと協同し、当日を彩る空間づくりを行いました。
審査員である建築家の先生方をもてなす場を作りたい、というアイデアや想いを実現すべく、何度も打ち合わせを行い、フレキシブルな箱型ユニット「HACO×HACO」を制作しました。クリエイターの卵でもある学生たちと、制作のプロである弊社が一緒に頭を悩ませながら意匠や機能面まで想いをはせたカタチとなりました。

制作本部のメンバーからは、「学生たちから提案を受けた図面を機能面や安全面を担保しながら、実現できる形にどのように落とし込んでいくかを考え、アドバイスする過程は、モノ作りに携わる者として非常にやりがいを感じる」という声が多くありました。また、学生たちからも「制作・施工のプロとの話し合いの中で今までにない気付きがあり、利用者にとっての最良のモノ作りを考える機会になった」という声を聞くことができました。

組み立て作業中の様子

NAF(Nagoya Archi Fes)とは、中部地方の建築学生が運営する中部最大規模の学生団体で、16の大学・専門学校の学生約150人で構成される団体です。その活動は、中部卒業設計展の開催やワークショップなどを行っており、活動の1つとして中部卒業設計展の「審査員控え室」をつくることになりました。例年、審査員控え室はパーテーションを立てただけの簡素なものでしたが、審査員が休める場であるとともに、会場を魅力的にする印象装置となるよう学生たちが企画しました。

空間づくりに携わる企業として、今後もこの取り組みをお手伝いしていきます。

中部卒業設計展は下記の日程にて開催されますので、ぜひ足をお運びください。

日 時:2019.3.11(月)9:00~20:30 / 3.12(火)9:00~14:30
場 所:名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 2階 第1ファッション展示場

詳しい情報は、NAGOYA Archi Fes 2019

レイアウトづくりの様子。
什器制作中の様子。
PAGE TOP