上海スパイス 滝ノ水店

◇DSA日本空間デザイン賞2018(主催:一般社団法人日本空間デザイン協会) 入選

上海湯包小館が、鶏とスパイスにこだわり進化した「上海スパイス」。
これまでの中華らしい雰囲気をそぎ落としながらも進化版ともいえる店づくりは、インダストリアルシック&シノワズリーをコンセプトとして新たなブランドが誕生しました。
建築デザインディレクションから内装インテリアまで、トータルで計画したプロジェクトであり、外部と内部に高低差をつけ、視線の変化を与えた開放感ある建築計画や、客席全ての方向から見えるライブ感のあるオープンキッチンのレイアウトは、空間に動きとシズル感を与える個性となり、新たなブランドの空気感をつくりだしています。

施設概要
 
名称
上海スパイス 滝ノ水店
所在地
愛知県名古屋市
オープン日
2017.7
クライアント
株式会社ファイブレシピ様
当社担当業務
設計、施工
撮影
益永研司写真事務所
ひとつ古い事例へ このカテゴリの一覧 ひとつ新しい事例へ
PAGE TOP